自然観察週報

 2004年2月8日〜2月14日 


〇気象のようす

  2月14日に、春一番が吹きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月8日(日)
 
長田谷津 
 
オオイヌノフグリ
 
いつも咲く、日当たりのいい園路ぞいで、今年もちゃんと咲いていました。野草名札付けの行事で、ちゃんと名札をつけました。 
  
 
金 子
 
2月9日(月)
 
長田谷津 
 
フクロウ 
 
1月中旬に新しい巣箱にしました。まだ中に姿はありませんでしたが、入口のところに傷がいくつもついていたので、夜、様子をうかがいには来ているようです。
  
 
金 子
 
2月13日(金)
 
坂川旧河口 
 
ホトケノザ
 
江戸川の堤防は日当たりがよく、すでに春の花がたくさん咲いていました。目についたのは、オオイヌノフグリ、セイヨウタンポポ、ホトケノザでした。ギシギシの大きな葉っぱもみずみずしくて、春らしい光景でした。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る