自然観察週報

 2004年2月15日〜2月21日 


〇気象のようす

  雨水も過ぎ、枯れた風景に緑色が混じってきました。空気も暖かく感じられます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月16日(月)
 
長田谷津 
 
アオカワモヅク
 
先週から株が見られるようになりました。まだ、ちゃんとした株はひとつだけですが、今後どうでしょう?今年は湿地の管理がうまくできなくて、立春過ぎてまだ中央水路沿いの草刈りをやっています。光がうまく水路に入らなかったので、そのことがアオカワモヅクの生育に影響しなければいいのですが。 
  
 
金 子
 
2月20日(金)
 
長田谷津 
 
ウグイス 
 
早々とさえずりが聴こえました。
鳴き始めはたどたどしいのが普通ですが、とても上手でした。 
  
 
宮 橋
 
2月20日(金)
 
長田谷津 
 
スジグロシロチョウ
 
今年、羽化したばかりの個体がクレソンが生えているところの湿地の上を飛んでいました。また、この日は越冬個体のルリタテハも見られました。 
  
 
清 野
 
2月21日(土)
 
長田谷津 
 
ムラサキシジミ
 
越冬した個体が飛んでいるのが見られました。この日は、気温は高かったものの曇っていたせいか昨日観察したスジグロシロチョウは、見ることができませんでした。
  
 
清 野


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る