自然観察週報

 2004年3月14日〜3月20日 


〇気象のようす

  菜種梅雨を思わせるような天気が続きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月15日(月)
 
長田谷津
 
アズマヒキガエル
 
三角池で卵塊を見つけました。今年は事前の気配を察知できませんでした。たぶん、3月12日に小雨がぱらついたので、それをきっかけに産んだと思われます。
  
 
金 子
 
3月15日(月)
 
長田谷津 
 
ウグイスカグラ
 
斜面林内で、かわいいピンク色の花を見つけました。タイミングよく、その日はウグイスもさえずっていました。
  
 
金 子
 
3月17日(水)
 
長田谷津 
 
キチョウ
 
今年初めて飛んでいるのが見られました。他には、ムラサキシジミ、キタテハそしてルリタテハも飛んでいました。
  
 
清 野
 
3月17日(水)
 
長田谷津 
 
スジグロシロチョウ
 
食草であるクレソン(オランダガラシ)に産卵している個体が見られました。産卵していたのは、まだ1個体だけでした。
  
 
清 野
 
3月18日(木)
 
冨貴島島小学校付近 
 
アズマヒキガエル
 
真間川沿いを歩いていると、小学校の池のところで、カラスがヒキガエルをくわえていました。この池に産卵に来たのでしょうか?
  
 
金 子
 
3月19日(金)
 
長田谷津 
 
オオハクチョウ 
 
早朝、上空を大きな声で鳴きながら北東に飛んでいきました。3羽でしたが、隊列を組んで迫力がありました。
  
 
小 川


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る