自然観察週報

 2004年4月4日〜4月10日 


〇気象のようす

  すっかり暖かくなりました。順調な春が続いています。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月5日(月)
 
長田谷津
 
カケス
 
どんぐりを食べるシーンを、ばっちり観察しました。アカガシのどんぐりのようでしたが、まず外側の殻を全部取って、それから甘皮もほぼ全部きれいにむいて、中身だけにしてから、あたりを警戒しつつ、つっついて食べていました。
  
 
金 子
 
4月10日(土)
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
暖かい引き潮の日、干潟にはおもなメンバーが揃っていました。トビハゼのほかマサゴハゼ、チゴガニ、ヤマトオサガニ、コメツキガニ、ケフサイソガニなどや、タテジマイソギンチャク、タマキビガイ、ソトオリガイなども見られました。
  
 
金 子
 
4月10日(土)
 
江戸川水閘門
 
アユ
 
ちょうど水門が開いていて、水が勢いよく流れていました。遡上している稚アユが見られました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る