自然観察週報

 2004年5月2日〜5月8日 


〇気象のようす

  暑かった連休前半から一転して、寒い後半になりました。気温の変動が極端です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月2日(日)
 
長田谷津
 
フジ
 
長田谷津の野草に、ボランティアの方たちと名札をつけました。花盛りの季節とあって、全部で 100枚以上もつけましたが、ちょうど満開だったフジは高すぎて札をつけられませんでした。噴水の池の周りなど、少し離れたところから見ると、木のてっぺんから流れ落ちるように咲いていて見事でした。
  
 
金 子
 
5月6日(木)
 
リハビリパーク
 
ツバメ
 
リハビリパークのバス停付近では、巣を構えたツバメの出入りが頻繁です。このあたりは、巣の材料となる泥を手に入れる田んぼがあり、餌となる昆虫が発生する湿地や川がありと、ツバメの営巣環境としては好適です。
  
 
金 子
 
5月7日(金)
 
長田谷津
 
アサギマダラ
 
ハルジオンの花に止まっている成虫を見つけました。翅に傷みもなく、まるでこの近くで羽化したかのようでした。秋にはよく見かけますが、春に見た記憶はあまりありません。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る