自然観察週報

 2004年5月9日〜5月15日 


〇気象のようす

  どんよりとした曇りの日が多い1週間でした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月13日(木)
 
長田谷津
 
爬虫類 
 
園路で、ジムグリとカナヘビを見ました。奥の池では、アオダイショウが、カワセミの止まった枝の下を泳いで行きました。
  
 
宮 橋
 
5月13日(木)
 
長田谷津
 
エナガ
 
若鳥を見ました。クヌギの木で捕まえた大きないもむしを、苦労して食べていました。
  
 
宮 橋
 
5月15日(土) 
 
長田谷津
 
ミドリヒョウモン
 
湿地のヨシ原の上を飛んでいる個体が見られました。見られたのは、1個体だけでした。
  
 
清 野
 
5月15日(土) 
 
長田谷津
 
ミドリシジミ
 
今年もミドリシジミの幼虫の巣がハンノキで数多く見られる時期になりました。来月には、成虫の飛んでいる姿が見られると思われます。
  
 
清 野
 
5月15日(土) 
 
柏井雑木林
 
アサギマダラ
 
チョウの仲間では珍しく、幼虫がアブラムシ類だけを食べる肉食性の種類で、排水用の池の草のところに止まっていました。
  
 
清 野
 
5月15日(土) 
 
柏井雑木林
 
コクワガタ
 
昨年、樹液が出ていたコナラが今年も樹液を出しており、その木の穴の中に隠れている個体がいました。また、その樹液にはヨツボシケシキスイやサビキコリなど樹液に集まる甲虫類が数多く見られました。
  
 
清 野


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る