自然観察週報

 2004年6月13日〜6月19日 


〇気象のようす

  梅雨の中休みの好天が続きました。ほぼ1週間、晴れが続き、暑くなりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
6月14日(月)
 
長田谷津 
 
クマノミズキ 
 
真っ白な花がいっぱい咲いていました。花の少ない時期ということもあって、たくさんのミツバチやチョウなどが群がっていました。ヒョウモンチョウの一種も見られました。
  
 
金 子
 
6月16日(水)
 
三番瀬
 
ヨウジウオ?
 
市外ですが、浦安の小学生と三番瀬で自然観察をしました。水辺にはオゴノリなどの海藻がびっしりでしたが、そういった海藻や貝殻などに、いろいろな卵がついていました。また、海藻の群落に守られるようにいろいろな魚の稚魚がいて、特にこの日はヨウジウオ類のような形の稚魚がたくさんとれました。
  
 
金 子
 
6月17日(木)
 
長田谷津
 
ガマ
 
花が咲き出しました。雄花を棒でたたくと黄色い花粉がブワッと飛びました。棒に付いた花粉はスベスベしていると小学生が言っていました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る