自然観察週報

 2004年10月3日〜10月9日 


〇気象のようす

  9日に、近年では最強という台風が首都圏を直撃しました。カラカラだった夏から一転、秋雨前線と台風による湿った秋になりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月5日(火)
 
長田谷津
 
カワニナ
 
大雨の中、小学校の授業で子どもたちと自然観察園を歩きました。噴水の池から流れ出る3面貼りの流路は濁流が勢い良く流れていましたが、カワニナが流されまいと、コンクリートの護岸にびっしりと張り付いていました。流れが緩やかな時は水中にいて、早くなると水から出て流れないようにする、といった習性があるのでしょうか? 
  
 
金 子
 
10月7日(木)
 
大柏川
 
カダヤシ
 
リハビリパーク付近の大柏川では、岸沿いに、行けども行けどもカダヤシが群れていました。たぶん、それまでの大雨で周辺から流されてきたのでしょう。いつも魚のいる川になるといいですね。
  
 
金 子
 
10月7日(木)
 
柏井雑木林
 
池の水 
 
林内の池が満水になっていました。湧水の量もいっぱいでした。梅雨と秋雨の時期に、一定期間水がたまってくれると、また、カトリヤンマに出会えるかもしれません。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る