自然観察週報

 2004年10月24日〜10月30日 


〇気象のようす

  台風と前線による雨で、地面の中は水でいっぱいです。水はけがいいはずの台地上の畑も、ちょっとの雨ですぐに水がたまってしまいます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月25日(月)
 
長田谷津
 
コガモ
 
メスもしくはエクリプスが1羽、来ていました。長田谷津全体でも野鳥の数がグッと増え、いよいよ季節は冬へ向かっていると感じました。前日に草刈りをした場所には、珍しくタシギも来ていました。
  
 
金 子
 
10月25日(月)
 
長田谷津
 
アオジ
 
カモの飛来と同様、小鳥たちの数と種類が増えたのも季節の推移を感じさせます。アオジ、ウグイスが目立つようになり、また、シジュウカラやエナガの混群もにぎやかです。
  
 
金 子
 
10月27日(水)
 
小塚山公園
 
コナラ
 
ことしは、市内あちこちでドングリが豊作です。それに、2回の台風でごっそり落っこちました。小塚山では落ちたコナラのドングリがら、根が伸び始めていました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る