自然観察週報

 2004年11月7日〜11月13日 


〇気象のようす

  13日に、都内で木枯らし1号が吹きました。確かに、冬の風だと感じました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月7日(日)
 
長田谷津
 
ツタ
 
何回か雨で中止になったあとの、久しぶりの名札つけでした。秋の野草はすっかり終わってしまい、見どころは紅葉です。まだ始まったばかりですが、ツタはすでに真っ赤で、早くも散り始めていました。
  
 
金 子
 
11月8日(月)
 
長田谷津
 
メジロ
 
ムラサキシキブに群れで来て、さかんに実をついばんでいました。色彩的に美しい光景でした。噴水の池にはマガモが2羽来ていました。林内ではキクイタダキも見ました。
  
 
金 子
 
11月10日(水)
 
中江川水門
 
キンクロハジロ
 
キンクロハジロが市川水路をゆっくりと泳いでいました。護岸をのぞきこむとボラの稚魚が群れて泳いでいました。
  
 
小 川
 
11月11日(木)
 
長田谷津
 
オオタカ
 
今シーズンも、姿を見せてくれました。年内から年明けにかけてが、長田谷津ではもっとも高い頻度で観察することができます。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る