自然観察週報

 2005年1月9日〜1月15日 


〇気象のようす

  冬らしい毎日です。まとまった雨も降りました

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月9日(日)
 
長田谷津
 
ロウバイ
 
観賞植物園前の、湿地が盛り土された場所に植えられたロウバイが満開になりました。鮮やかな黄色が目にまぶしく、また、甘い香りがあたりに漂っていました。香りが強く、花の中まで黄色のソシンロウバイという園芸品種です。
  
 
金 子
 
1月13日(木)
 
大洲ビオトープ 
 
ヒキガエル
 
小学校の授業で、冬のビオトープを観察しました。水辺ではなくて土手の方で観察していた子どもが、穴のなかになにかいる、と言って呼びに来ました。のぞいてみると、独特の質感を持った肌が見えました。冬眠中のヒキガエルでした。代わる代わるのぞかれても、じっとしたまま動きませんでした。
  
 
金 子



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る