自然観察週報

 2005年7月24日〜7月30日 


〇気象のようす

  26日夜に、大型の台風7号が房総半島に上陸しました。大柏川は朝から満水状態でしたが、直撃は避けられ大きな被害はありませんでした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月24日(日)
 
江戸川放水路
 
アナジャコ
 
いきもの観察会では、大きなアナジャコが何匹も取れました。普段は穴に深く潜っているのに、この日は何匹もが巣穴から顔を出していて、簡単に掘り出せました。
  
 
金 子
 
7月27日(水)
 
長田谷津 
 
ヘイケボタル
 
あちこちでヘイケボタルの光が見られるようになりました。昼間、蒸し暑いくらいのほうがよく飛びます。
  
 
小 川
 
7月28日(木)
 
長田谷津
 
カブトムシ
 
今年はなかなか見られなかったのですが、台風通過後の猛暑2日目のこの日、クヌギの樹液に10匹ほどが来ていました。ですが、観察園を一周して戻ってみると、1匹もいなくなっていました。せめて捕ったのが子どもであることを願います。
  
 
金 子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る