自然観察週報

 2005年9月18日〜9月24日 


〇気象のようす

  朝晩を中心に、すっかり涼しくなりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
9月20日(火)
 
田尻5丁目 
 
ヒメスズメバチ
 
玄関の前を飛んでいました。ヒメスズメバチは、アシナガバチの幼虫だけを食べて生活するスズメバチなので、この周辺でアシナガバチが増えてきているのでしょうか?
  
 
小 川
 
9月22日(木)
 
長田谷津 
 
ヒヨドリの親子
 
まだ背中に綿毛が残った幼鳥が、親鳥からミズキの実を給餌されていました。枝を移るのも、ばたばたと落ちる様でした。冠羽が無いため頭がほっそりとしていて、嘴の端が黄色いせいか、顔つきがちょっとムクドリに似ていました。
  
 
宮 橋
 
9月22日(木)
 
坂川旧河口 
 
クルマバッタ 
 
草むらから飛び出して、十数mも飛びました。羽にある半円の黒い輪の模様と、鮮やかな黄色がとても目立ちました。
  
 
宮 橋
 
9月22日(木)
 
長田谷津
 
コガタスズメバチ
 
園路の近くにコガタスズメバチが巣を作ってしまったので、駆除しました。今年はスズメバチの巣の位置が例年より低いような感じです。
  
 
小 川

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る