自然観察週報

 2005年10月9日〜10月15日 


〇気象のようす

  秋雨の日が多くありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月12日(水)
 
堀之内
 
カバマダラ 
 
きれいなチョウが飛んでいました。よく見ると、南方系のカバマダラです。台風の時にでも流されてきて、そのまま居残ったのでしょうか?
  
 
金 子
 
10月12日(水)
 
小塚山緑地 
 
アキアカネ
 
雨降りが続いた後の晴れた日、開けた草むらに無数にアキアカネが飛んでいました。斜めから射す日差しに翅が輝いていました。 
  
 
金 子
 
10月12日(水)
 
市川北高校裏 
 
スズメノトウガラシ
 
稲刈りが終わった田んぼは、秋の野草の宝庫です。アゼナが群生する中をよく見ると、スズメノトウガラシが咲いていました。
  
 
金 子
 
10月12日(水)
 
市営霊園
 
コシオガマ 
 
市内、唯一の群生地があります。今年も何株も咲いていて、ピンクの花がきれいでした。
  
 
金 子
 
10月15日(土)
 
長田谷津
 
ヒバカリ 
 
長田谷津奥の湧水でサワガニを見ようと思ったら、水路にヒバカリがいました。子どもたちがいっしょだったので捕まえて見せました。小さい体ながら、頭を三角に変形させ、体からは生臭い匂いを発して、抵抗していましたが、手に巻きつかせてやると落ち着いておとなしくなりました。
  
 
金 子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る