自然観察週報

 2005年11月13日〜11月19日 


〇気象のようす

  小春日もありましたが、ぐっと冷え込むようになりました。ジャンパーやコートに袖を通すようになり、一方で紅葉も進みました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月13日(日)
 
江戸川放水路 
 
コメツキガニ
 
少しだけ現われた干潟に、コメツキガニがいました。水を含んだ柔らかい泥に、体を回転させながらもぐっていきました。 
  
 
金 子
 
11月13日(日)
 
江戸川放水路
 
モンキチョウ
 
この日は、江戸川放水路のゴミ拾いの日でした。地元の自治会の方々とゴミを拾いながら歩いた堤防は、小春日の陽気で暖かく、モンキチョウやトノサマバッタ、アキアカネが飛び交っていました。 
  
 
金 子
 
11月18日(金)
 
長田谷津 
 
メジロ
 
満開のシロダモの花の周りにたくさん集まっていて、賑やかでした。花の蜜が目当てなのでしょうか。
  
 
宮 橋
 
11月18日(金)
 
長田谷津 
 
朝もや
 
中央水路に、朝もやがたっていました。一部は噴水池まで流れ出し、きれいでした。湿地に陽があたる午前8時頃まで見られ、霜も降りたようで、とても寒い朝でした。
  
 
宮 橋
 
11月18日(金)
 
柏井雑木林 
 
紅葉の始まり
 
落葉樹が色づき始めました。見ごろになるには、もう少し時間がかかりそうです。アカシデはすでに落葉していました。どんぐりを捜しましたが、クヌギもコナラもあまり見つかりませんでした。
  
 
宮 橋
 
11月19日(土)
 
柏井雑木林 
 
アカタテハ 
 
寒い北風が吹き荒れるなか、キャンプ場のなかの広場の上空を飛んでいました。
  
 
清 野

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る