自然観察週報

 2006年1月29日〜2月4日 


〇気象のようす

  冷たい雨が降りました。時々やってくる低気圧が、今年は雨や雪を太平洋岸にも、もたらしているようです。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月31(火)
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
しとしと雨の日、三角池前の「めだか池」には産卵のために何匹もアカガエルが姿を見せていました。気の早いカップルが午後7時の段階ですでに産んでいましたが、その後は目につくのはオスばかりで、午後8時頃から水面に顔を出すオスが多くなり、午後9時前後から、しきりに鳴き出しました。1匹が鳴くと、対抗するかのようにあちこちで鳴きだしますが、ヒキガエルとはちがって、か細くかわいい声でした。
  
 
金 子
 
2月2日(木)
 
長田谷津 
 
アカガエルの卵塊
 
1月31日(火)からの雨で、産卵したようです。8卵塊見つかりましたが、まだ産みたての卵塊ばかりでした。 親カエルの姿や声は聞こえませんでした。
  
 
宮 橋
 
2月2日(木)
 
長田谷津 
 
ダイサギ
 
浅い池で餌を探していました。数メートルしか離れていない園路を人が歩いても、あまり気にしていないようでした。すぐ近くにコサギもいましたが、並ぶとずいぶん大きく見えました。
  
 
宮 橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る