自然観察週報

 2006年2月26日〜3月4日 


〇気象のようす

  雨がちな日が多くありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月28日(火)
 
野鳥観察舎
 
春の干潟 
 
この日は、旧暦の2月1日、ちょうど新月の大潮にあたっていました。野鳥観察舎の2階から、前面の保護区を眺めると、潮が引いて干潟が広く出ていました。秋冬は夜に潮がよく引いていましたが、いよいよ昼間に引くようになりました。干潟が活気づく季節の始まりです。
  
 
金 子
 
3月3日(金)
 
柏井雑木林
 
ツミ
 
雑木林の中をツーッと木をすり抜けながら飛んでいました。
  
 
小 川
 
3月4日(土)
 
市川北高校裏
 
ヒバリ
 
ふれあい農園を歩いていたら、頭上からにぎやかなさえずり声が……
やっと、ヒバリが目につく季節になりました。
  
 
金 子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る