自然観察週報

 2006年6月11日〜6月17日 


〇気象のようす

  梅雨らしく、雨がちの毎日でした。強い雨も降りました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月11日(日)
 
江戸川放水路 
 
ケフサイソガニ 
 
上がるとの予報を信じて、降りしきる雨の中、カニやヤドカリの観察会を決行したら、最後まで雨はあがりませんでした。本来なら干潟の上を埋め尽くすヤマトオサガニやチゴガニは穴の中でしたが、転石の下のケフサイソガニは普段と同じように見つけることができました。
  
 
金子
 
6月12日(月)
 
江戸川放水路
 
カレイ類の幼魚
 
湾岸道路下あたりで、かんたんにタモ網に入りました。たぶんイシガレイと思いますが、ちゃんと確認していません。手のひらサイズでした。
  
 
金子
 
6月13日(火)
 
動物園内
 
アシダカグモ
 
動物園の飼育施設内に、でっかいアシダカグモがいました。クモの糸で作ったでっかい卵のうを抱えていて動きが鈍く簡単に捕まりました。間近に見ると迫力があります。
  
 
金子
 
6月16日(金)
 
国府台6丁目 
 
アオダイショウ
 
じゅんさい池の近くの舗装道路を歩いていたら、折からの強雨のせいか路上をクネクネとアオダイショウが這っていました。まだ小さな体でした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る