自然観察週報

 2006年6月18日〜6月24日 


〇気象のようす

  予報は雨でも降らない日もあり、降水量は少なめです。ぜんぜん陽が射さず、蒸し暑い日が続きます。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月21日(水)
 
柏井雑木林 
 
ミドリヒョウモン
 
キャンプ場にあるサンゴジュの花に飛んできて、吸蜜していました。他に、アオスジアゲハやヤマトシジミなど数種類のチョウがいました。
  
 
清野
 
6月21日(水)
 
柏井雑木林
 
オオバノトンボソウ
 
今年もキャンプ場のなかの数ヵ所で開花しているのが見られました。今が丁度、見頃のようです。
  
 
清野
 
6月21日(水)
 
博物館
 
アシダカグモ
 
先週つかまえたアシダカグモの卵のうから5〜6匹の子グモが出ていました。ハンバーガーのように卵のうが2つに割れかけていて、そのすき間から出てきたように見えますが、定かではありません。
  
 
金子
 
6月22日(木)
 
市営霊園 
 
ネジバナ
 
霊園の芝地で、群生していました。梅雨空のもと、あざやかなピンクが目に染みます。
  
 
金子
 
6月22日(木)
 
自然観察園
 
アオダイショウ
 
池の水に半分つかって、大きなウシガエルを狙っていましたが、狩りは失敗でした。自然観察に来た134人 の小学生が通り過ぎる間、ヘビを見ることができました。この日は、ヒキガエル、ウシガエル、アカガエルも見られました。
  
 
宮橋
 
6月23日(金)
 
長田谷津 
 
カブトムシ
 
オオスズメバチが来ているクヌギの樹液の近くにカブトムシの脚が落ちていました。カラスに食べられたのでしょう。
  
 
小川

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る