自然観察週報

 2006年8月6日〜8月12日 


〇気象のようす

  蒸し暑い日の中にも、涼しさが感じられることもありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月10日(木)
 
長田谷津
 
クツワムシ
 
夜、ホタルの調査をしているとまだつっかえながらでしたが、ガチャガチャと鳴き始めていました。 
  
 
小川
 
8月11日(金)
 
長田谷津 
 
チョウトンボ
 
夕方、6時前でした。噴水のある池の水面をリズミカルに飛んでいました。久しぶりに見ました。
  
 
金子
 
8月11日(金)
 
長田谷津 
 
キツネノカミソリ
 
チョウトンボを見てから後を振り返ると、林の中でオレンジ色の花がひとかたまりになって、咲いていました。
  
 
金子
 
8月12日(土)
 
堀之内貝塚 
 
キツネノカミソリ
 
こちらが本家です。林内に群落が広がり美しく咲きそろっていました。暗い林内だからこそ色が映えるのかも知れません。ただ、蚊が多くて閉口しました。
  
 
金子
 
8月12日(土)
 
堀之内貝塚 
 
ミンミンゼミ
 
堀之内貝塚は、セミの多いところです。この日も、ニイニイゼミ、アブラゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシの5種類を姿や声で確認しました。博物館がある大町ではアブラゼミとヒグラシがよく聞かれますが、堀之内貝塚ではミンミンゼミとニイニイゼミの声が多いように感じました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る