自然観察週報

 2006年10月1日〜10月7日 


〇気象のようす

  強い低気圧の影響で、台風を思わせる大量の雨が降りました。

 

月 日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月1日(日)
 
長田谷津 
 
アブラゼミ
 
名札付けの日、斜面林からはアブラゼミの鳴き声が聞こえました。湿地ではオニヤンマがゆっくり飛んでいました。夏の名残ですね。
  
 
金子
 
10月3日(火)
 
行徳鳥獣保護区 
 
 
イシミカワ
 
保護区の中では、イシミカワがあちこちで群生して、青い実をならせていました。イヌタデなども咲いていて、すっかり秋の風情でした。
  
 
金子
 
10月3日(火)
 
行徳鳥獣保護区 
 
 
アキアカネ
 
同じく保護区の中では、とてもたくさんのアキアカネが見られました。赤く成熟した♂も多くいました。ノシメトンボも、数は少ないもの見られました。
  
 
金子
 
10月7日(土)
 
長田谷津
 
キビタキ
 
メスを見ました。目撃情報はいろいろな方から頂いていたのですが、春以来久しぶりに確認できました。
  
 
宮橋
 
10月7日(土)
 
長田谷津
 
オオアオイトトンボ
 
ツリフネソウに止まっていました。赤い花と青緑色のトンボの組み合わせがきれいでした。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る