自然観察週報

 2006年10月29日〜11月4日 


〇気象のようす

  11月に入っても、かなり暖かい日が続きました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月29日(日)
 
江戸川放水路
 
スズガモ
 
地元の方々を中心に放水路の清掃活動を行った後に、野鳥観察の時間をつくってもらいました。ハゼ釣り船が多いせいか、水鳥は少なく、遠くの葦原の陰にスズガモが数羽いるぐらいでした。望遠鏡では、近くの船にとまった立派な冬羽のダイサギをじっくりと見てもらいました。
  
 
宮橋
 
10月31日(火)
 
長田谷津
 
 
ヒマラヤスギ 
 
バラ園のヒマラヤスギで、雄花が咲いていました。足元に落ちている花を手に取ると、黄色い花粉がいっぱい出てきました。 
  
 
金子
 
10月31日(火)
 
小塚山公園
 
 
シロダモ 
 
今年は、いろいろな木の実が不作です。ドングリもイヌシデもエゴノキも、あまり見つかりません。シロダモだけは前年の冬の花が結実したものなので、今年前半の天候の影響を受けずに、しっかり、みのっていました。
  
 
金子
 
11月2日(木)
 
長田谷津
 
 
キビタキ
 
羽根の模様がまだはっきりしていないスズメの若鳥の群れに、アオジやキビタキのメスが混じっても、色合いは似ているのですが、ちょっとした動きの違いで気づきます。
  
 
宮橋
 
11月2日(木)
 
長田谷津
 
 
アカゲラ
 
特徴的な鳴き声に、何だろうと記憶を手繰り寄せている傍から、姿を現してくれました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る