自然観察週報

 2007年4月8日〜4月14日 


〇気象のようす

   春らしい陽気の日が続きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月10日(火)
 
長田谷津
 
サルトリイバラ
 
斜面林のすそで咲いていました。最近は斜面裾の植物群落が、手入れと称して刈られてしまい、大きな株が少なくなりましたが、長田谷津の斜面裾は保全されているので、花を見ることができました。
  
 
金子
 
4月12日(木)
 
真間山
 
八重ザクラ
 
真間山奥の千葉商大に近い方に、ウコンという黄緑色の花を咲かせる八重ザクラがあります。頭上にぶら下がる大きな花が風情があってきれいでした。
  
 
金子
 
4月12日(木)
 
堀之内貝塚
 
アマナ類
 
ユリ科のアマナのなかまが生えているので花を探しに行ったら、もう終わっていて少し膨らんだ子房がいくつもありました。残念。
  
 
金子
 
4月12日(木)
 
千葉商大付近
 
カントウタンポポ
 
一見、市街化が激しい一帯ですが、古くからの斜面などがそのまま残っているので、カントウタンポポもシロバナタンポポも見ることができました。
  
 
金子
 
4月14日(土)
 
市内某所
 
フデリンドウ
 
数十株の群落で、よく咲いていました。枯れた芝生の間で、濃い青紫色の花が鮮やかで、とてもきれいでした。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る