自然観察週報

 2007年8月26日〜9月1日 


〇気象のようす

  猛暑は和らいで、肌寒い日がありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
8月28日(火)
 
大野町4丁目
 
クズ
 
猛暑をはねのけようと窓を開けて(クーラーを止めて)車を走らせていたら、甘い香りが漂ってきました。信号待ちをしている脇に、生い茂ったクズの葉と、紫色の花序が見えました。
  
 
金子
 
8月29日(水)
 
長田谷津
 
ナガサキアゲハ
 
バラ園の近くの通称「オニヤンマ水路」脇の斜面林の上を飛んでいました。見たところ、後翅に白い部分がまったくないことから、飛んでいたのは、オスでした。この日見かけたのは、この1頭だけでメスおよび他の個体は見かけませんでした。
  
 
清野
 
8月31日(金)
 
大洲ビオトープ
 
カマキリ(チョウセンカマキリ)
 
群生するヒメガマを刈っていると、カマキリがあわてて逃げていきました。コバネイナゴもいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る