自然観察週報

 2007年9月23日〜9月29日 


〇気象のようす

  週の前半は晴天で涼しく、過ごしやすい気候でした。明るくてきれいな十五夜の月が見れました。金曜日は気温が30℃を越え、真夏の暑さが戻りました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
9月23日(日)
 
長田谷津
 
アキノウナギツカミ
 
湿地整備で、カナムグラ退治をしました。カナムグラに覆われると、その下は真っ暗でほかの野草が育ちません。そのためにツルを取る作業をしたのですが、いつも繁茂する場所が今年はアキノウナギツカミの群落になっていました。カナムグラに負けじと、がんばって群落を形成したのでしょうか?
  
 
金子
 
9月26日(水)
 
長田谷津
 
バッタ類
 
湿地で成虫越冬するクビキリギリスの大きな姿を見ました。セスジツユムシやクサキリの仲間もいました。
  
 
宮橋
 
9月27日(木)
 
大野町4丁目 
 
モズ
 
モズの高鳴きを聴きました。電線に止まって、尾をくりくり回していました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る