自然観察週報

 2007年10月7日〜10月13日 


〇気象のようす

  陽射しがあると夏を思わせる暑さでしたが、朝晩や木陰は肌寒いくらいでした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月10日(水)
 
江戸川放水路
 
テッポウエビ
 
東西線鉄橋右岸下流の干潟で自然観察をしました。密集したカキの中でテッポウエビの子どもが多数見つかりました。
  
 
金子
 
10月11日(木)
 
中山
 
チョウゲンボウ
 
中山の小学校に出かけた際、学校の上空をチョウゲンボウが低く飛んでいきました。その後、大柏川調節池方面でカラスにつきまとわれていました。
  
 
金子
 
10月12日(金)
 
長田谷津
 
アブラゼミ
 
まだ、鳴いていました。ツクツクボウシの声も聞こえました。
  
 
金子
 
10月13日(土)
 
長田谷津
 
オオカマキリ
 
自然観察の時、子どもがでっかいオオカマキリを見つけました。お腹がパンパンで、まさに産卵直前のように見えました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る