自然観察週報

 2007年10月21日〜10月27日 


〇気象のようす

  27日、季節外れの台風が房総沖を通過しました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月21日(日)
 
大町
 
アオツヅラフジ
 
いろいろな実が目立つ季節、道沿いの倉庫の壁に垂れ下がったアオツヅラフジのツルには、群青色の実がブドウのようにたわわに実っていました。
  
 
金子
 
10月25日(木)
 
大洲ビオトープ
 
アキアカネ
 
秋晴れの日、ビオトープのヒメガマを刈って水面を出しました。すかさずアキアカネが何組も姿を現し、産卵していました。
  
 
金子
 
10月25日(木)
 
江戸川放水路
 
トビ
 
クリーンセンターから南の空を見上げると、大きな猛禽類が旋回していました。尾羽の形から、トビとわかりました。市内では珍しいです。
  
 
金子
 
10月27日(土)
 
長田谷津
 
モクズガニ
 
誰かが放したものです。捕まえようとしても泥にもぐってしまいます。生き物のためにも、安易に逃がすことは行なうべきではありません。
  
 
阿部

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る