自然観察週報

 2007年10月28日〜11月3日 


〇気象のようす

  季節はずれの台風は、翌日に晴天をもたらしました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月28日(日)
 
長田谷津
 
ムクノキ
 
食べごろの実がたくさんついていました。ナツヅタの紅葉もはじまり、秋らしくなってきました。
  
 
宮橋
 
10月28日(日)
 
長田谷津
 
アオジ
 
冬の長田谷津を代表するアオジの声を聴きました
  
 
宮橋
 
10月28日(日)
 
長田谷津
 
ウスバキトンボ
 
昨日の台風に乗って来たのか、ウスバキトンボが水たまりに卵を産んでいました。
  
 
宮橋
 
10月30日(火)
 
東国分
 
オオタカ
 
カラスが回りに数羽飛んでいましたが、バトルという風でもなく固まって、国分川沿いを北に向かって飛んでゆきました。
  
 
宮橋
 
11月1日(木)
 
大洲ビオトープ 
 
イソヒヨドリ
 
見慣れない鳥が、堤防からビオトープ脇のメタセコイアに飛びました。南側から姿を見たとき、光の具合がちょうどよくて、体の色がはっきり見えました。イソヒヨドリでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る