自然観察週報

 1998年3月23日〜3月29日 




〇気象のようす
 

3月29日には、気温が20℃を越した。
ソメイヨシノも開花しはじめた。東京地方は、3月27日に開花宣言。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月24日(火)
 
 
坂川旧河口
 
 
ノウルシ
(要配慮種)
 
 
咲き始めた。生育場所の範囲、量などは例年並みといった感じ。
 
 
金 子
 
 
3月24日(火)
 
 
坂川旧河口
 
 
ヒバリ
(季節指標)
 
 
河川敷の畑などで、しきりにさえずっていた。
 
 
金 子
 
 
3月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
カワセミ
(季節指標)
 
 
噴水池にてペア形成。雄、雌が鳴き交わしながら池上を飛びまわる。
 
 
須 藤
 
 
3月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
シロハラ
(季節指標)
 
 
動物園出口周辺の雑木林の林床にて13羽。群れ化している。そろそろ渡去の時期か?
 
 
須 藤
 
 
3月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
アオジ
(季節指標)
 
 
多くの雄個体がさえずりをしている。
 
 
須 藤
 
 
3月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
イヌコリヤナギ
(季節指標)
 
 
花。フキも咲いている。
 
 
須 藤
 
 
3月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ウシガエル
(季節指標)
 
 
再奥部管理小屋前の池などで、姿が見られる。
 
 
須 藤
 
 
3月28日(土)
 
 
本行徳
 
 
ソメイヨシノ
(季節指標)
 
 
横町稲荷に植えられている木で、ひとつだけ花が開いていた。
 
 
金 子
 

〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・ツバメの渡来。市内各地でどう違うでしょう。
・オオシマザクラの開花。ソメイヨシノと違いは、どうかな。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る