自然観察週報

 1998年5月11日〜5月17日 




〇気象のようす
 

週のはじめに雨が降り、前半はやや曇りがちで平年より気温が低かった。週の半ばより晴天となり、6月中旬なみの気温となる日もあった。17日は、前線の通過で一時強い雨となった。気象変動の激しい週であった。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月14日(木)
 
 
柏井町2丁目
 
 
ギンヤンマ
(季節指標)
 
 
田植えの最中の田んぼにギンヤンマのオスが飛来しました。旋回を繰り返しながら縄張りを主張していました。
 
 
金 子
 
5月14日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ゴンズイ
(季節指標)
 
 
雑木林の林縁に多い亜高木です。地味な緑色の花をつけていました。ほかに、センダンやスイカズラも花をつけていました。
 
 
須 藤
 
 
5月14日(木)
 
 
自然観察園
 
 
セッカ
(季節指標)
 
 
自然観察園に隣接する草はらで、夏鳥のセッカがさえずっていました。オオヨシキリのけたたましい鳴き声も同じ草はらで聞こえました。
 
 
須 藤
 
 
5月14日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ホオジロ
(繁殖記録)
 
 
斜面林の林縁で巣立ちした幼鳥をつれたホオジロのメス成鳥を観察しました。幼鳥は、ピーピーと鳴いて餌をねだっているようでした。

 
 
須 藤
 
 
5月16日(土)
 
 
東国分2丁目
 
 
ギンヤンマ
(季節指標)
 
 
田植えが終わったばかりの田んぼで、植えられたばかりの稲にギンヤンマがしきりに卵を産みつけていました。水が張られた田んぼはトンボたちでにぎやかで、たくさのシオカラトンボのほか、アジアイトトンボや真っ赤なショウジョウトンボも見られました。
 
 
金 子
 
 
5月16日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
ハコネウツギ
(季節指標)
 
 
北向きの斜面林の林縁で、ハコネウツギがちょうど満開でした。林縁では、このほかにノイバラやスイカズラが花の盛りを迎えていて、甘い香りが漂いクマバチがせっせと蜜や花粉を集めていました。
 
 
須 藤
 


〇来週の見どころ予想
  
・ムラサキシキブ、ドクダミがそろそろ花の時期を迎える。

 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る