自然観察週報

 1998年6月 1日〜6月 7日 




〇気象のようす
 

6月2日に関東地方から西で梅雨入りしました。その後、梅雨の晴れ間もありましたが、全般に梅雨寒の雨模様の日が続きました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
6月4日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ムラサキシキブ
(季節指標)
 
 
雑木林の林縁のあちらこちらで赤紫色の花が盛りでした。湿地に面した斜面林の林縁では、クマノミズキの花も咲きはじめました。
 
 
須 藤
 
 
6月4日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ミドリシジミ
(要配慮種)
 
 
湿地のハンノキ疎林の下で、カサスゲの葉上に雄1匹が翅を広げて止まっていた。周囲を探したが、他の個体は発見できなかった。今後出現数が増えてくると、ハンノキの周囲や上を乱舞する様子が夕方に見られるようになるだろう。
 
 
須 藤
 
 
6月5日(金)
 
 
保護の為
非公開
 
 
シャクジョウソウ
(要配慮種)
 
 
イチヤクソウ科の腐生植物で、光合成の為の葉緑体は持っていません。山歩きをする人にはお馴染みのギンリョウソウの仲間で、市内では滅多に見ることができません。毎年、ただ一カ所の自生地で見ることができます。今年も、花を確認することができました。
 
 
金 子
 
 
6月6日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
ウツギ
(季節指標)
 
 
斜面に面した雑木林の林縁で、白い花が咲きはじめました。ネズミモチも白い花を咲かせています。
 
 
須 藤
 
 
6月6日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
ハエドクソウ
(季節指標)
 
 
夏、林内に普通に見られます。茎の上部に花茎を伸ばし始めていて、一部は花を咲かせはじめています。
 
 
須 藤
 
 
6月6日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
ママコノシリヌグイ
(季節指標)
 
 
雑木林に面した草地で、ピンク色のかわいい花を開きはじめました。つる状の茎や葉に多くの刺があり、花にひかれて、うっかり触ると痛い目に会います。
 
 
須 藤
 


〇来週の見どころ予想
  
・雑木林の林縁では、アカメガシワが花を咲かせる。
・薄暗くなった雑木林の林内では、イチヤクソウやオオバノトンボソウが花の時期を迎える頃。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る