自然観察週報

 1998年7月 6日〜7月12日 




〇気象のようす
 

 真夏を思わせる前週の天気に対して、戻り梅雨とも受け取れるような曇天の日が続きました。一度消滅した梅雨前線も、再び姿を現しました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月 6日(月)
 
 
自然博物館周辺
大町
 
 
ヤマユリ
(季節指標)
 
 
 博物館のそばでヤマユリが立派な花を咲かせました。日当たりが良い場所なので、林の中よりも早いと思います。  
 
金 子
 
 
7月 8日(水)
 
 
自然観察園
 
 
オニヤンマ
(季節指標)
 
 
 夏の自然観察園の王者・オニヤンマが飛びはじめました。また、水草を移植してある池では、キイトトンボが卵を産んでいました。
 
 
金 子
 
 
7月11日(土)
 
 
江戸川放水路
 
 
ケフサイソガニ
(季節指標)
 
 
 おなかに卵を抱えていました。
 
 
小 川
 


〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・特になし。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る