自然観察週報

 1998年9月21日〜9月27日 




〇気象のようす
 

 秋雨前線の影響で雨がちでした。前線の南側に位置したため、蒸し暑い日が続きました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
9月24日(木)
 
 
江戸川放水路
 
 
トビハゼ
(要配慮種)
 
 
 今年生まれの幼魚がかなり見られました。
 
 
金 子
 
 
9月24日(木)
 
 
行徳
鳥獣保護区
 
 
クロスジギンヤンマ
(季節指標)
 
 
 保護区内ではギンヤンマは普通に見られますが、林に囲まれた水辺を好むクロスジギンヤンマが見られました。台風の風に乗って飛んできたのでしょうか?
 
 
金 子
 
 
9月25日(金)
 
 
自然観察園
 
 
ミゾソバ
(季節指標)
 
 
 花が咲きだしました。ボントクタデやアキノウナギツカミといったタデ科の花も咲きだしました。
 先に咲きだしたミズヒキ、ニオイタデ、イヌタデの花もきれいです。
 
 
宮 橋
 
 
9月25日(金)
 
 
自然観察園
 
 
カワウ
 
 
 カラスに追われて噴水のある池に降りてきました。自然観察園ではめったに見られない鳥です。
 園路から5m位のところで羽を広げて乾かすポーズをとっていました。カルガモの群れがのんびりしている為か、人が通っても飛び立つ様子はありませんでした。
 
 
宮 橋
 
 
9月26日(土)
 
 
行徳
鳥獣保護区
 
 
クロベンケイガニ
(季節指標)
 
 
 すごい数が見られました。ベンケイガニもわずかに混じっていました。
 
 
金 子
 


〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・特に無し
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る