自然観察週報

 1998年11月23日〜29日 




〇気象のようす
 

 晴れの日が続きました。カラカラ天気といった様相です。24日の朝には、霜が降りました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月24日(火)
 
 
自然観察園
 
 
オオタカ
(要配慮種)
 
 
 斜面林の上を旋回していました。若鳥のように見えました。
 
 
金 子
 
 
11月24日(火)
 
 
自然観察園
 
 
ルリビタキ
(季節指標)
 
 
 毎冬楽しませてくれるルリビタキが今年もやって来ました。見られたのは1羽(若いオスもしくはメス)でした。
 
 
金 子
 
 
11月25日(水)
 
 
本北方2丁目
 
 
ジョウビタキ
(季節指標)
 
 
 朝、駐車場の柵の上をピョンピョン飛んでいました。
 
 
小 川
 
 
11月25日(水)
 
 
江戸川放水路
 
 
ムナグロ
(季節指標)
 
 
 旅鳥のムナグロが、干潟で餌を取っていました。
 
 
宮 橋
 
 
11月25日(水)
 
 
江戸川放水路
 
 
カモの仲間
(季節指標)
 
 
 様々なカモの仲間が見られました。ヒドリガモ、スズガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ホシハジロなど。
 
 
宮 橋
 
 
11月25日(水)
 
 
塩浜沖
 
 
カンムリカイツブリ
(季節指標)
 
 
 6羽、見られました。その他にハジロカイツブリ2羽と、もう1種類別のカイツブリ類が見られました。
 
 
宮 橋
 
 
11月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ゴイサギ
(季節指標)
 
 
 幼鳥がカラスに追われていました。カラスは、オオタカを追う時のようなにぎやかな鳴き声は聞かれませんでしたが、30羽以上の大群でした。
 
 
宮 橋
 
 
11月26日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ルリビタキ
(季節指標)
 
 
 人気者のオスが登場しました。林下では背面のルリ色より腹の白さが目立ちます。
 
 
宮 橋
 


〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・特になし。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る