自然観察週報

 1998年12月14日〜12月20日 




〇気象のようす
 

 天気が安定してきました。冬晴れの毎日でした。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
12月17日(木)
 
 
市川北高校裏
大野3丁目
 
 
タゲリ
(要配慮種)
 
 
 この日は、4羽確認できました。湿った田んぼで冬を過ごす渡り鳥ですが、市川市内では田んぼの減少の影響で年々渡来数が減っています。とりあえずこの冬も来てくれただけでも、良かったです。
 
 
金 子
 
 
12月17日(木)
 
 
大野町4丁目
 
 
キジ
 
 
 谷津を埋め立てた荒れ地の茂みに、何羽か潜んでいました。気づかずに近づいてしまったので、いっせいに飛び立って驚かされました。
 
 
金 子
 
 
12月19日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
エゴノキ
(季節指標)
 
 
 一度、完全に落葉した後で、新緑?が展開して花も咲いています。弱々しいとはいえ木全体がそういう状態で、もはや季節外れの花をつけたという感じを越えています。この株が来春花を咲かせることができるのかどうか、気になります。
柏井講座にて
 
 
金 子
 


〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・特になし。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る