自然観察週報

 1999年1月3日〜1月9日 




〇気象のようす
 

 週末に一級の寒気団が降りてきて、日本海側に大雪を降らせました。市内でも吹き抜ける風が冷たくて、今冬はじめて、冬らしい厳しい寒さになりました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月4日(月)
 
 
大町公園
せせらぎ園
 
 
ルリビタキ
(季節指標)
 
 
 野鳥写真家の方々に人気のルリビタキは、この日はオス、メスがそれぞれ1羽ずつ見られました。
 例年同様ひと冬じゅう見られそうですが、この冬は昨冬とは違う場所でも、よく見られています。
 
 
金 子
 
 
1月4日(月)
 
 
大町公園
せせらぎ園
 
 
キイロスズメバチ
 
 
 昨夏〜秋にほとんど成虫の姿が見られなかったので、どうしたのだろうと思っていたのですが、冬になって大きな巣が見つかりました。
 
 
金 子
 
 
1月7日(木)
 
 
自然観察園
 
 
トラツグミ
(季節指標)
 
 
 林床で餌を捜していました。今冬は初めての確認です。シロハラと比べて少しドタドタとした感じで歩いていました。
 
 
宮 橋
 
 
1月7日(木)
 
 
大町
 
 
ノウサギ
(要配慮種)
 
 
 耕したばかりの柔らかい梨畑の地面にノウサギの足跡がありました。フェンス沿いに走った後、畑の中の方へ走っていったようです。今年の干支・ウサギは市川に健在です。
 
 
宮 橋
 


〇気づいたこと、来週の見どころ予想
  
・特になし。
 




フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る