自然観察週報

 1999年6月6日から1998年6月12日


〇気象のようす

 

晴れの日が続いて、あまり雨が降りません。今年は季節の進行が順調だったのですが、少しカラ梅雨気味になるのでしょうか?

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月7日
月曜日 
 
国分2丁目 
 
ウスバカゲロウ
     (幼虫)
 
アリジゴクのことです。蛹化間近の幼虫が大きなすり鉢状の巣を作っていました。斜面林の中を下る坂や、国分寺などでよく見つかります。
  
 
金子
 
6月8日
火曜日 
 
自然観察園
 
ミドリシジミ
    (要配慮種)
 
午後3時30分過ぎに数頭の成虫が幼虫の食樹であるハンノキの樹上をかなりのスピードで飛んでいるのを目撃しました。もう少し遅い時間だと、より多くの個体を目撃することができます。
  
 
清野
 
6月9日
水曜日 
 
柏井雑木林
 
アカシジミ
 
夕方、雑木林の樹上を舞うアカシジミが見られました。クリの花で蜜を吸う姿も見られました。
  
 
金子
 
6月9日
水曜日 
 
柏井雑木林
 
エゴツルクビオトシブミ
 
今年も、エゴノキの葉でゆりかごを作っていました。成虫もいました。
  
 
金子
 
6月11日
金曜日 
 
自然観察園
 
カブトムシ
 
先週、コクワガタが見られた同じクヌギの木で、午後12時過ぎに1組のオスとメスのカブトムシの個体がいっしょに樹液を吸っているのが観察できました。少し離れた場所にはノコギリクワガタもいました。
  
 
清野

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る