自然観察週報

 1999年7月18日〜7月24日 




〇気象のようす
 

 23日に関東地方の梅雨が明けました。太平洋高気圧が西に張り出して、弱っていた梅雨前線を北に押し上げるという、教科書通りの典型的な形でした。その日から、猛暑になりました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月19日(月)
 
 
自然観察園
 
 
ツミ
(要配慮種)
 
 
 若いペアが来ていました。手入れの行き届いたスギ林でハシブトガラスの群れを撃退しましたが、すぐに行ってしまいました。
 
 
金 子
 
 
7月20日(火)
 
 
自然観察園
 
 
ヌマトラノオ
(季節指標)
 
 
 ここ10年以上は見ていなかったのですが、今年、湿地にまとまった群落が出現しました。過去、ほとんど管理されていなかった場所が、昨夏、ホタル観賞会の関係で草刈りされたことで復活したみたいです。
 
 
金 子
 
 
7月20日(火)
 
 
自然観察園
 
 
オニヤンマ
(要配慮種)
 
 
 地上5メートルくらいの枝先で交尾が見られました。ふだんはもっと高い場所のことが多いです。
 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る