自然観察週報

 1999年8月22日〜8月28日 




〇気象のようす
 

 天気図に秋雨前線が姿を現し、季節は秋霖へ進んでいます。朝晩が涼しくなり、日の出が遅く、日没が早くなってきました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
8月25日(水)
 
 
自然観察園
 
 
クマゼミ
 
 
 斜面林の中から鳴き声が聞こえてきました。1匹でした。クマゼミは西日本に多いセミで、市内では毎年、少数が観察されるだけです。
 
 
金 子
 
 
8月28日(土)
 
 
自然観察園
 
 
ホソアシナガバチの一種
 
 
 ナガコガネグモの巣にかかったヒグラシの死骸にホソアシナガバチの一種が2匹来ていました。セミの死骸から筋肉を食いちぎって、巣に運んでいるようです。
 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る