自然観察週報

 1999年12月19日〜12月25日 




〇気象のようす
 

 朝晩は冷え込むことがあるものの、暖冬の傾向です。日中は、わりと暖かい日が多いです。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
12月20日(月)
 
 
自然観察園
 
 
アオゲラ
 
 
 まだ、います。コゲラとは違う大きなドラミングの音はよく聞こえますが、姿を見るのはコゲラほど容易ではありません。
 
 
金 子
 
 
12月25日(土)
 
 
自然観察園
 
 
ノスリ
 
 
 毎冬の常連であるオオタカのほかにノスリが来ています。ハヤブサやトビと言った話も耳にします。この冬は猛禽類が多いのでしょうか?
 
 
金 子
 
 
12月25日(土)
 
 
自然観察園
 
 
オカヨシガモ
 
 
 毎冬、池を賑わせているオカヨシガモが忽然と姿を消しました。カルガモも、斜面際の池にいっせいに移動しました。1羽が猛禽類に襲われたので、逃げてしまったようです。
 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る