市内の谷津
の現状 (2)
公園を手がかりにすると、谷津の存在に気づくことができます

中国分にある「じゅんさい池緑地」は、長さ2.5qにも及ぶ谷津の中央付近に あたり、谷津の景観と環境が今でもある程度残されています。曽谷の「弁天池 公園」も細長い谷津の最奥部に位置し、かつてあった湧水の池にちなんだ名前になっています。本北方の「美濃輪公園」は住宅に囲まれた公園ですが、豊富な湧水がいまも健在で水路を流れています。そして、堀之内にも「道免き谷津」にちなんだ 公園が整備されようとしています。

道免き谷津一帯のようす
道免き谷津一帯のようすの航空写真

堀之内貝塚公園
小塚山公園

写真は国分川流域を上流から下流に向いて撮影したもので、画面左側が国分谷という幹谷。画面中央から右に延びるのが「道免き谷津」で、小塚山公園と堀之内貝塚公園が谷の両側に向かい合って位置している。




<<前のページ
企画展topのページ
後のページ>>