長田谷津の
哺乳類

都市から追われる種類と、

都市で繁栄している種類が交錯しています


都市化が著しい市川市では、住宅地が広がる一方、湿地や林などの自然環境は 減少しています。長田谷津と周辺の一帯で暮らす哺乳類について見てみると、 都市化に適応できずに市内各所で姿を消した種類が残る一方、都市環境のもとで繁栄を勝ち取った種類、勝ち取りつつある種類も見られます。都市化の渦に飲み込まれた市川市において、衰退していく種類と繁栄している種類とが、長田谷津で交錯しているのです。

長田谷津の哺乳類


都市に適応できない種類

ジネズミ
アズマモグラ
ノウサギ
カヤネズミ
アカネズミ
イタチ
都市に適応できる種類

アブラコウモリ
ドブネズミ
タヌキ*
ノイヌ(野良イヌ)
ハクビシン*
ノネコ(野良ネコ)

*タヌキ、ハクビシンは
都市へ進出しつつある種類
中型哺乳類の市川市内での確認地点


ノウサギの確認地点
  (1986年〜2002年)
ノウサギの確認地点(1986年〜2002年)の図

ウサギの写真
・・・・・・・・・・・・・・・
市北部の林や湿地、農地で生息。
近年は長田谷津一帯と柏井町に記録が集中している。
イタチの確認地点
  (1987年〜2002年)
イタチの確認地点 (1987年〜2002年)の図
イタチの写真
・・・・・・・・・・・・・・・
市北部の、おもに林と湿地・水辺が混在する地域で生息。
タヌキの確認地点
  (1989年〜2002年)
タヌキの確認地点 (1989年〜2002年)の図
タヌキの写真
・・・・・・・・・・・・・・・
隣接地域から市川市内に進出し、現在では行徳地区を除く、ほぼ市内全域に生息。
かなりの生息数と思われる。
ハクビシンの確認地点
  (1992年〜2002年)
ハクビシンの確認地点 (1992年〜2002年)の図
ハクビシンの写真
・・・・・・・・・・・・・・・
市北部を中心に生息し、中部の住宅地でも確認されている。夜行性なので目立たない。




<<前のページ
企画展topのページ
後のページ>>