長田谷津の
魚類
海とも川とも連絡が途絶えた孤立した水辺で、

生き残った魚たちが暮らしています

長田谷津に端を発する水系は、もともとは江戸川へと続いていました。それが、江戸時代以降、農業用水として市内を広く潤すようになり、近年、流路の変更で東京湾へ注ぐようになりました。それぞれの時代、長田谷津と江戸川や東京湾とでは、魚などの生き物の行き来があったはずです。しかし、下流の大柏川が汚れ、長田谷津は孤立した水辺となりました。かろうじて生き残ったわずかな種類の魚が、限られた範囲の中で暮らしています。

長田谷津と江戸川・東京湾


長田谷津と江戸川・東京湾の関係の図

江戸川や東京湾から、市内小河川に遡上しそうな種類を挙げてみた。実際に大柏川などが浄化された時に、どういった種類がどこまで遡上するかは不明だし、谷奥に位置する長田谷津まで上がってくるかどうかもわからない。しかし、水源から川・海までの連絡が回復すれば、小河川全体で生き物の種類・量は格段に増すと期待される。

モツゴの写真 モツゴ(クチボソ)
現在の長田谷津では、カダヤシとならんで個体数が多いと思われる。いくつかの池を中心に生息し、コイに与えられる餌にも餌づいている。
ドジョウの写真 ドジョウ
長田谷津にはドジョウが多いが、「ドジョウつかみ大会」出身の個体も多そうだ。伝聞による情報からは、さまざまな魚が無秩序に放されていることがうかがわれる。
カダヤシの写真 カダヤシ
現在の長田谷津でメダカのように見えるのは、すべて本種。俗に西洋メダカと呼ぶが、日本メダカとは、まったくの別種。
ブラックバスの写真 ブラックバス(オオクチバス)
長田谷津でも、かつてブラックバスやブルーギルが放されたことがある。いずれも対応が早かったため、大事には至らなかった。




<<前のページ
企画展topのページ
後のページ>>