オオタカ
近くで巣を構えたオオタカの行動圏になっていましたが、

最近、 その巣は使われなくなりました

長田谷津にごく近い林に、オオタカの巣があります。何年も使われてきたと思われる立派な巣です。この巣で繁殖を試みたオオタカは、頻繁に長田谷津に姿をあらわし、ここを狩り場としていました。オオタカはドバトやカケスなどの中型の鳥を餌とするので、格好の餌場だったようです。結局、ヒナの姿を確認できた年はなく、2002年、2003年についてはさまざまな要因が重なり、その巣が使われることはありませんでした。

オオタカの飛行軌跡


2000年2月2週 2001年2月1週
オオタカの飛行軌跡  2000年2月2週の図
2月14日は、谷をまっすぐ横切って通過した軌跡。△印の地点には、やや古いドバトの食痕があった。2月17日は斜面林から飛び出し、谷の上空を帆翔した2回の軌跡。
オオタカの飛行軌跡 2001年2月1週の図
2月5日、6日、9日とも斜面林一帯での軌跡。このうち2月6日は2羽確認し、うち1羽は5分間にわたって斜面林上空をやや高く帆翔し、動物園上空にまで至った。


オオタカの巣の写真 オオタカの巣

長田谷津を行動圏とするオオタカが使っていた巣。




<<前のページ
企画展topのページ
後のページ>>