イシガレイ
 

 

 本種の産卵場は、江戸川放水路の沖の浅瀬、いわゆる三番瀬にあり、そこで生まれた稚魚が波静かで餌も豊富な江戸川放水路に入ってくる。3月頃は写真のような手のひらサイズの稚魚が多いが、それが6月頃には10cmを越す大きさになる。その後、次第に深みへと移動する。 

 

戻る  次へ  一覧へ